ついに30を超えてしまいました。 今に始まったことではないですが、物事を忘れやすくなりました。 今に始まったことではないですが、継続性が全くありません。
private | favorite | work | finance | review | surroundings | 未分類 | 
プロフィール
ついに30を超えてしまいました。
今に始まったことではないですが、物事を忘れやすくなりました。
今に始まったことではないですが、継続性が全くありません。

そこで、日々思うことを書き留めておく場として、極力日次で、少なくとも月次で、、記載したいと思います。
google
カテゴリ
検索
Google
リンク
Twitter
QRコード
QR
30からのライフスタイル日記
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
カウンター
ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
amazon




ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.04.20 Tue
建築の歴史をなぞるIT (3)


前回までのお話
第一回 建築とITは同じ道を歩む
第二回 スケールが拡大するIT

もう一つのベクトル技術のベクトル
このクラウドの隆盛によって、ヤバイ。と思っている人たちがいる。SIerであり、企業システム構築を餌とするコンサルタント、ソフトウェアベンダー、ハードウェアベンダー達だ。
クラウドにより企業はシステムコストを削減できる。すなわち、彼らの売上げが削減される。
でも、クラウドが隆盛したからといって、SIer(システムを作る人)がなくなりはしないだろう。ただ、ちょっと成長が鈍化するだけ。。。これはゼネコンが無くならないのと似ている。
それでも既存の技術はさらに発展して、より高度で高品質なものを低コストでできるようになる。そこに技術者の需要は大いにある。
たとえば、20年前のガラスを使った建築と今の建築とでは、使えるオプションが圧倒的に違う。それによって実現可能なデザインの幅も広がり、提供できる価値も、要するコストも大きく異なってきてる。
高層マンションを建てられるようになったこと。直線のみならず曲線を利用した建造物を建てられるようになったこと。柱のように目の見える構造ではない方法での構造が実現できるようになったこと。
挙げればキリが無い。

システムの技術進歩も様々だ。
そもそものプログラミング技術が変わる可能性もある。
あるいは、モバイルの通信高速化によるパラダイムシフト、オープン化による加速的なアプリケーションの発展もありえるだろう。
もっと言えば、半導体ベースから有機体ベースへの移行も長い目で見ればありうるかもしれない。(情報保持量、処理量が0/1からゲノムを構成するA/B/C/Dベースになりうる)
最後のはちょっと言いすぎ、想像しすぎだけど、何れも木でしか作れなかった時代から、コンクリートも使える。っていうくらいの革新的なパラダイムシフトがまだまだありえそうな夢を見れる。

ま、直近で考えれば、そう一気に変わりようもないので、ま、プログラミング方式や、アプリ方式の改善なんてのはたくさんあるだろう。

しかし、やはり技術を持たない労働者のトレンドは悲しい。
上記を実現するためには、それなりに技術があり、日々進歩する技術を獲得し、歴史を踏まえ、かつ需要を抑えている人材に限る。そうでない人は必要ない。
これはすぐにやってくるのではないか?とも思うし、もしかしたらまだまだ大丈夫かもしれない。

公共投資をすれば景気が良くなった様に土木も含めた建築関連労働者は高度成長期に多く従事していた。でもその需要の規模は縮小した。
急成長した産業が成熟し、成長率が低くなると人が余る。建設業界はこれで多くの人が困った。
IT業界もまだ伸びしろはいろんな分野があるものの、細分化した市場でみれば、どんどん成熟化していると共に、海外の割安な人材に職をとられている。
これは、まぁまぁ他人事じゃないだけに、ちょっち不安だ。ってゆーか厳しいものがある。


これも既に10年前のトレンドではあるが、中古マンションのリノベーション。
今でこそよく聞く話だが、当時はスクラップ&ビルドが当たり前の日本で、日本の建築家は世界一幸せだといわれていた。
というのも、ヨーロッパでは2~3割、アメリカでも5割程度が新築の仕事であり、ゼロから設計できることなんて稀だったからだ。
しかし、景気低迷、少子化で、建築家の仕事はその人数に対して一気に減少する傾向だった。さらに環境の問題と、同考えても追い風は吹かない状況。

それなら仕方ないと、その当時不景気で全くテナントが入らないけれども、立地は最高だったオフィスビルなんてのを住宅に変えよう。
なんてことを当時の大学研究室は考え、実行していた。
そのトレンドが数年前からのリノベーション、リフォームブームに繋がっている。

これをシステム業界に摘要するには、完全に時期尚早だと思う。
欧米だって、レガシーシステムを刷新することはあっても、中古のサーバー、インフラ、さらにはアプリなんてものをリノベーションしようなんてことは聞いたことも無い。
中古のサーバーをくっつけて大きな仮想サーバーとする?くらいしか今は想像できないし、2年で2倍の性能になり、2分の1の価格になる業界で、そんな作業をするなら、スクラップ&ビルドが効率的に決まっている。
でも、莫大に肥大したデータセンタのIT資産が老朽化した際の再生方法は誰も考えていない。いつか問題となり、いつかビジネスになるはずだ。
中古マンションのリノベーションなんてかつて誰も見向きもしなかったが時代は変わり、秀才たちが本気で考えればおのずとなんらかの有効策は出てくるのだと思う。と信じたい。。僕にはまったく分からないけど。。
意外とそれは直ぐにやってくるかも知れない。


=関連するエントリー=
プライベートなこと
仕事のこと
お金のこと
まわりのこと
好きなこと
レビュー

=建築の歴史をなぞるITのエントリー=
第一回 建築とITは同じ道を歩む
第二回 スケールが拡大するIT

テーマ:日記 - ジャンル:日記
work    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.04.18 Sun
建築の歴史をなぞるIT (2)


前回からの続き。前回の話はこちらへ。

IT建築歴史をなぞっている。という仮説の下、じゃ、今後のITはどうなっちゃうの?
と考えてみた。

いくつかのトレンド、ベクトルがある。

まずは、スケールメリットのベクトル、領域を拡大してコストを低減させる。
今までは、プログラム単位の使いまわし⇒アプリケーション単位の使いまわし⇒サービス単位での使いまわし⇒サービス単位での共有と進んできた。

まだ大学生だった頃、10年くらい前に良く聞いたのは、「家から都市へ」がキーワードだった。気がする。。
人は家で生活することから、都市で生活するようになってきた。キッチンはコンビニ、あるいは、居酒屋。リビングは漫画喫茶。テラスは、なんちゃら公園。暇な時間はお気に入りのXXカフェ。(今考えると、かなり学生の生活視点ではあるが、概ね広い世代でも当てはまりつつある)
つまり、家に今まであった機能を都市が代わりに行うようになる。人は家では最小限のことしかしない。
という思考がトレンドだった。(気がする)
オフバランスの境地だ。最低限しか所有せず、すべては都市で利用した分の対価を支払いサービスを得る。

じゃ、システムに置き換えてみると。。。現在のクラウドに若干似ている気もする。が、もう少し広く、公共性が高い。
そうすっと、システムとしては、さらに上位のアーキテクチャ、データを共有していくこと。と考えられると仮置きする。
企業の枠の中に納まっていたデータが共有され、使いまわされる。トランザクションデータは難しいだろう。まずはマスタデータだ。

・たとえば、今、兆候があると思うのは、オープンID。複数社の提供するサービスを一つのIDで利用できる。Google/Mixi/FaceBook/Twitter、皆覚えやすいようになるべく同じIDを使えるようにする。既に企業のシステムでは、とうの昔にシングルインターフェースとしてLDAP等対応されている。共通プラットフォームがあれば、そんな難しい話じゃない。問題は移行。。
・さらには、個人の趣向の共有というのもあるかもしれない。アマゾンに入ったらおすすめ商品。というレベルをさらに広げて、ネットにアクセスしたらコンシェルジェがサービスを行う。
ただ、パソコンでのアクセスではあんまり想像できない。流行らなさそうだ。。
でも、カーナビであったり、位置情報を持つケータイ、あるいはデジカメだったり、スマートハウスのような家を管理できるデバイスだったらどうか。便利かもしれない。
それらで操作した全ての情報がある公共的なデータベースに蓄積され、ある一定の法律なり規約のもと、企業が利用できる状態にしておく。すべては無料か(それに近いくらいコストが安く)、且つ、あまりに余計な広告が入るのであれば、廃れるだろう。ターゲティング広告なんてのは、まさにそこを目指しているだろう。
ただし、個人情報という観点での取り組みは必須だ。また、建築で問題となった都市に住めてしまうがゆえに、ネットカフェ難民という裏面が出るように、データが共有できてしまうがゆえの、ハッキングや乗っ取りの問題は社会問題になり得る。


=建築歴史をなぞるITのエントリー=
第一回 建築とITは同じ道を歩む
第二回 スケールが拡大するIT
第三回 様々な可能性のあるIT

=関連するエントリー=
プライベートなこと
仕事のこと
お金のこと
まわりのこと
好きなこと
レビュー

テーマ:日記 - ジャンル:日記
work    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.04.15 Thu
建築の歴史をなぞるIT (1)


システムソフトウェア)と建築はとても良く似ている。
大学で専攻した建築をもとにIT会社への就活面接では、とても似ていると知ったかぶりをしたけど、実際やってみたら驚くほど似ていて、まんざらうそをついたわけじゃぁ無いと思った。(だからと言って、IT会社が建築を学んだ人材をほしいかというと全く別問題だけど。。

要件を定義して、設計して、モノを作って、ちゃんとできたか確認して、納品する。
その構築プロセスは全く一緒だ。

その技術の進歩の歴史もまた似ている。
もともとは、システムを作るために毎回一からプログラムを作っていた。でも、それはとても非効率。使いまわせるプログラムがいっぱいある。
使いまわそう!そうしてできたのが、オブジェクト指向。(たぶんね)
ちょっとむずかしい概念だけど、要はオブジェクトという塊を予め用意しておいて、使うたびにそれを呼び出そうという発想だ。デスクトップにショートカットを用意しておいてそれをクリックするイメージ。(と僕は勝手に考えている)
建築も、かつては、山に行って木を切ったり、山に行って石を切り出したり、材料の調達をして・・・
そりゃ非効率だろう。ちゅーわけで、規格に沿った部品を作ることになった。
どちらもスケールメリットを活かしたコストダウンの実現という思想の基、同じような進歩を遂げていると思う。


システムは、会社毎に、業務毎に設計して作っていた。いわゆるカスタムデベロップメント。
それがだんだん、これ他の会社でも使えるよね?って他の会社へも展開していった。例えば調達。例えば経理。どこでも同じような業務がある。それがERPだ。Oracle、SAP、Peaple
建築も一個ずつ設計して作っていたが、設計の使いまわし、あるいは組み立て住宅のように工場で作ったものを組み立てるだけ。マンションの同じ間取りの使いまわしは典型的だ。2x4、プレハブ・・・

さらには、個別にシステムをもっている必要ないよね。ってか業務も持っている必要ないよね。
ってわけで、複数会社の人事給与計算やら、経理計算やら、コールセンタやらをまとめてやっちゃえ、ってのがアウトソーシング。
建築で言えば、一個一個家を管理するの面倒だから、集合させて纏めて管理しよう。改修だって纏めて。つまり、マンションがそれにあたる。

そして今、システム屋さんの中では、1にも、2にもクラウドだ。
クラウドは、いろいろな考え方があるが、要はオフバランス、資産を持たずに使った分だけ払ってね。という仕組みであることが大前提のメリットとしてある。資産を持たないからリスクも減る。
もはや、作る必要が無く、そこにあるモノを使えばいい。
建築で言えば、賃貸に近い。もう少し言うとシェアルームが近いと思う。キッチン・トイレ・お風呂のユーティリティはシェアする。

重要な点は、決して個人の部屋はシェアしない。
システムも企業も一緒だ。人事、総務、経理みたいな付加価値のないユーティリティはシェアする。でも本業のシステムはシェアしない。カスタマイズしたいし、それが他の競合との差別化になるからだ。クラウドの限界はきっとそこにある。

ここまでは、同じベクトルのもと進んできた。
スケールメリットを活かして、コストダウンを図ること。

じゃぁこの先にシステムはどうなるんだろう?
逆に建築のトレンドを考えて逆算してみたい。


=建築の歴史をなぞるITのエントリー=
第一回 建築とITは同じ道を歩む
第二回 スケールが拡大するIT
第三回 様々な可能性のあるIT

=関連するエントリー=
プライベートなこと
仕事のこと
お金のこと
まわりのこと
好きなこと
レビュー

テーマ:日記 - ジャンル:日記
work    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.04.09 Fri
適当な判断


MTGが終わった後、部下とラーメンを食べに行った。MTGでは、部下に無駄と思われるくらいしつこく調べさせた調査結果が、すこぶる受けた。

ラーメンを食べるべきか つけ麺を食べるべきか
まぁまぁどっちでもいい。

でも、どちらかに決められないと動けない。
会社なんて、PJなんてたいていそんな問題がごろごろしてる。さっさと決めろ。

個人的には、圧倒的につけ麺の方がいいに決まっている。
おいしいと思うし、流行っているし、塩分はラーメンより少ないと思うし、面のコシがやばい。

でも、それじゃ人は動かない。
でも、そこに東京ラーメン特集の雑誌がおちている。
「実は、つけ麺はラーメンよりも汁に含まれる悪玉脂肪が少なく、さらに出汁につかわれる魚介スープはXラーゲンが多く美肌によいと実証された」
「また、女性の4人に3人がラーメンからつけ麺に変えてお肌が良くなったと回答し、3人に1人は体重が減ったと回答」
とかかれていれば、そうか、じゃつけ麺にしよう。とさらっと決まる。
決して、僕がこう思う。という意見に同調はしない。あたりまえだ。誰だ?お前は? これがバカ田大学のXX教授だったらだいぶ違う。かもしれないが。

でも、探せば、ラーメンの方が良いというデータも山ほどみつかるはずだ。それを出していたとしてもつけ麺を食べる事になっただろうか。


説得力のある事実を持ち寄ることを心がける。強い熱意だけじゃすんなり動かない。
さらに、どっちでもいいと思っていたことが、実は意外とかなり重要な判断だった。と気づくことも少ないとは限らない。


=関連するエントリー=
プライベートなこと
仕事のこと
お金のこと
まわりのこと
好きなこと
レビュー

テーマ:日記 - ジャンル:日記
work    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.04.04 Sun
【食】  つけ麺屋 丸長 @目白



目白にある大好きなつけ麺屋です。地図
もう10年くらいの付き合いです。

朝11時オープンで、14時くらいまでにはなくなってしまいます。
魚だしではありません。
いつも僕は同じメニュー。チャーシューつけ、1,000円です。

=評価=
■おいしさ:★★★★★
 ⇒たぶん麻薬が入っているんだと思う。くらいハマります。
■子供といける度合:☆☆☆☆☆
 ⇒行ったことないし、連れてきている人見たことないし、子供には味が濃いし。
■ROI(満足度VS金額):★★★★★
 ⇒1,000円なら安いくらい。


Marucho.jpg


=関連するエントリー=
プライベートなこと
仕事のこと
お金のこと
まわりのこと
好きなこと
レビュー

=好きな「食」のエントリー=
銀座ゲンカツ

=リンク=

つけそば 丸長 目白店 ( 目白 / つけ麺 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ


つけそば 丸長 目白店 (つけ麺 / 目白、椎名町、下落合)
★★★★★ 5.0

テーマ:日記 - ジャンル:日記
favorite    Comment(2)   TrackBack(1)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。